スリム 体操 ダイエット

下腹をスリムにするには簡単な体操でも可能

簡単に下腹をスリムにする方法についてです。ぽっこりと出たお腹をスリムにしたいと思っている人が多いようですが、簡単な体操で下腹をすっきりさせることができるといいます。食事制限をしてもジョギングをしても、なかなかスリムにならないのが下腹です。人間の体の中には多くの筋肉が存在しており、相互に関わりを持っています。筋肉は互いに作用し合いながら、姿勢を整えたり複雑な動作をできるよう伸縮しています。筋肉のある部分に使っていない部位があると、その周囲には脂肪がつきやすくなります。絶対的な運動不足が下腹の引き締めを難しくしているだけでなく、下腹がスリムにならないのはデスクワーク主体の生活習慣です。簡単な体操を続けて筋肉をストレッチし、刺激を与えることでスリムな下腹を手に入れることができます。まずは前足の膝が90度より少し大きめの角度になるようにして膝をつきます。体重を少し前にかけるように移動し、上半身は前傾姿勢にならないように後ろ脚の筋肉を伸ばします。背筋を伸ばし、両手を真上で揃えて、上方向によく伸ばしながらバランスをとります。そのままあお向けの姿勢になって膝を直角に曲げ、両手や膝で互いに押し合うようにして力をかけていきます。下腹をスリムにするために、簡単なストレッチの方法を覚えて習慣化させるといいでしょう。

↑↑ 体験レッスンのご予約は、各店舗から ↑↑