ダイエット 運動

ダイエットと運動

運動もダイエットにとっては大切なものです。ダイエットというと食事制限ばかりが取り上げられる昨今ですが決してそうではありません。なぜ運動がダイエットで大切なのでしょうか。食事を制限ばかりのダイエットをすると体はホメオスタシスという体の機能が働きます。その結果代謝が低下し、体内に取り入れたカロリーをエネルギーとして消費しないような体質になります。こうなると、せっせと運動をしてもいまいちダイエット効果が上がらなくなって、ダイエットを諦めてしまいがちです。最初の頃は食事制限も運動も効果が現れているように見えても、しばらくたつと運動のつらさやカロリー制限の空腹さは変わらないまま、一向に体重が変わらない状態に突入してしまうこともあります。ホメオスタシスの機能が働かないようなダイエットを心がけることがポイントです。努力をしても体重が減らなければ、だんだんとストレスがたまり、ドカ食いの原因になることもあります。それほど食べていないのに体重が増えてしまうといったリバウンドが起きるきっかけにもなり得ます。リバウンド予防や、ダイエットの停滞期突破には、運動をすることが大事です。ダイエットのために運動をすることで体の筋肉量が増加し、新陳代謝の活発な体になります。新陳代謝が高い体質になればそれだけ運動によるカロリーの燃焼効率も高くなりますので、ダイエットがうまくいきやすくなります。食べる量を減らすダイエットだけでなく、運動も行うダイエットをするようにしましょう。

ダイエットと運動の関係

ダイエットと運動には密接な関係があります。ダイエットと聞くと真っ先に食事制限を思いつく方が多いのではないでしょうか。確かに入ってくるものを減らせばおのずと体重は減るでしょう。手軽といえば手軽ですが、安直だとも言えます。ダイエットを始める前の食事の状態や食事制限の程度にもよりますが、食事制限のみでダイエットをしようとすると健康を損なうことがほとんどです。たとえば一日の理想的な摂取カロリーを大幅にオーバーしていた人が理想的な摂取カロリーまで落とすのなら良いでしょう。しかし、そうではない人が食事を抜いたりカロリーの少ない食べ物などの同じものばかり食べ続けるというのなら問題です。ダイエットはただ体重を減らすだけではなく、美しく健康的に痩せることが大切です。それには運動が欠かせないのです。運動をせずに食事制限だけでダイエットをしようとすると、脂肪だけでなく筋肉も落ちていきます。筋肉は脂肪よりも重いので、食事制限で体重が減ったとしても、その何割かは脂肪ではなく筋肉です。筋肉が衰えると内臓を上手く支えられなくなるなどの弊害が出てきます。健康的なダイエットには適度な運動が欠かせないのです。

↑↑ 体験レッスンのご予約は、各店舗から ↑↑